温泉のご案内

 

温泉情報

 

ほうき川沿いに伸びる塩原温泉は、平安時代の806年に元湯が発見され、
1200年の歴史を誇る日本有数の温泉であります。
明治以降、多くの文人、画人などがこの地を訪れ、野口 雨情、竹久 夢二、
山岡 荘八などもこの温泉をこよなく好んだものです。

源泉名は『塩原秘極の湯 紅』源泉かけ流しの単純温泉で、
姉妹館「塩原秘極の湯 葵」を上回る湯量を誇ります。
効能効果は、神経痛、筋肉痛、関節痛、消化器病、冷え性などに適しており、
鉄分の沈殿効果によりうっすら赤く見える温泉は
体の芯から温まる保温効果を感じることが出来ます。

紅では敷地スペースの関係で露天風呂はございませんが、
姉妹館「塩原秘極の湯 葵」の露天風呂をご利用いただけます。

※葵の休館日はご利用いただけません。  

温泉情報

泉質 単純温泉(中性低張性高温泉)・ナトリウムイオン泉・硫酸泉
効能 神経痛・筋肉痛・やけど・きりきず・関節痛・皮膚病・冷え性・婦人病
源泉名 自家源泉「塩原秘極の湯 紅」
成分 Ph:6.72 ナトリウム:192.5mg 塩素:278.4mg
硫酸:28.6mg 炭酸水素:431.5mg
メタケイ酸:223.8mg 二酸化炭素:144.4mg
入浴時間 6:00~9:00 15:00~23:00

 

ページのトップへ戻る